メラネシアで考える 第1話 「パプア・ニューギニア」の歴史教科書から「つくる会」の検定教科書問題を考える

日本の現行の歴史教科書を自虐的と批判する「新しい歴史教科書をつくる会」が中心になり編集した教科書の検定をめぐって、国内外から様ざまな批判が繰り広げられている。歴史を歪曲することは「愚の骨頂」だが、果たして日本の学校教育の中で、どれだけ太平洋戦争当時の様子を伝えているのだろうか。
2月はパプア・ニューギニアのフリ族の取材に出かけていた。南西ハイランド州のタリという町で2週間ほど現地の民族、風習、文化などを取材したあと、ニューギニア島最東端のアロタウという町の協力隊員の家でお世話になった。彼は日本でいう高校や大学に進学する生徒(予科)に理数科を教えている。
久しぶり会い、明け方まで話が弾んだ。その時に、一枚の手紙を見せてもらったのが始まりだった。
毎年、遺族会や戦友会などの慰霊団が同地を訪れている。その時の代表が訪問後、戦友や肉親がどこで戦死したかを調べており、ついては手伝ってくれないかという内容だった。
彼はこの地に日本軍が上陸し、オーストラリア軍と戦火を交えたことを知らなかったという。「当時の歴史を知らなかったので、とても恥ずかしかった」とも語った。 ソロモン海戦、ガダルカナル島の激闘、ラバウル航空隊はよく知られているが、ニューギニア戦線に関しては歴史の中に埋もれかけている。
中国戦線や東南アジアでの日本軍の蛮行などはよくしられているが、メラネシア戦線に関してはあまり、とりあげられないし、ソロモン諸島政府、パプア・ニューギニア政府も問題として取り上げていないという理由もある。
真夜中だったが、「第二次世界大戦の日本軍に関する教科書があるんだけど」と彼が口を開いた。「表紙に天皇の写真が使われていて・・・」。できれば今すぐ読みたいと思い、懐中電灯の明かりを頼りに職員室に向かった。
教科書はA4サイズで英語で全25ページ。タイトルは「日本帝国主義の勃興と太平洋戦争」とあり、「天皇裕仁」と説明がついた上半身の写真が表紙に使われている。日本でいう高校2年生の時に使われるもので、5部構成となっている。
ここでは細かい内容は省くが、ペリーの黒船来航から明治維新、日清・日露戦争、第一大戦、世界恐慌、ABCD包囲網から真珠湾攻撃、パプアニューギニア戦線、戦後の東南アジアなどの独立までが、歴史事実と経過が写真、地図を使って淡々と書かれている。当然のことながら、同国と太平洋戦争との関わりは全体の3分の1を割いて説明している。
教科書はものの見事なほど、客観的な事実を積み重ねている。なぜ、日本軍はパプア・ニューギニアを戦略的に攻略しなければならなかったのか。日本軍にどのように原住民が徴用され、手伝わされたのか。当時のオーストラリア軍は自国民に対してどのような振る舞いを行ってきたか、また、対照的にアメリカ軍はどう、自国民を同等に扱ってきたかなどだ。
また、日本では真珠湾攻撃が太平洋戦争の幕開けのように教えられているが、同教科書では当時、中立を保っていたタイ南部に真珠湾攻撃より早く奇襲攻撃が行われていることも、もらさず伝えている。
(余談になるが、当時のオーストラリアは白豪主義をとっていたため、黒人のメラネシア住民を下等人種としてあつかい、荷役業務の給与もすずめの涙ほどを支払っていたのに対し、アメリカ軍は白人、黒人と分け隔てなく、荷役に対する対価として支払っていた。ソロモン諸島でも原住民は同じような待遇の差をまのあたりにしており、多大な影響を米軍から受けている。ソロモンでは戦後の脱植民地(白人支配からの脱却)運動「マルシナルル」へとつながっていったが、パプア・ニューギニアのマヌス島で同じような運動が起こっていることも併記されている)
近く、全文翻訳をして紹介するが、私たちは意識するしないは別としても歴史を背負っている。世代は変わっても、日本に侵略を受けた側はきちんと歴史を客観的に留め、伝えている。今回のパプア・ニューギニアの教科書で驚かされたのは、「さぞかし日本のことを悪く書いているのかな」と思った私も馬鹿であったが、中傷的な言語や感傷的な言語はひとつもない。さっと読み終えたあと、そんなことを考えていたことが恥ずかしく思えた。
パプア・ニューギニアを旅していると、知り合った人たちからよく質問というか感想を求められることがある。「どうして日本軍は負けたのか。勝っていれば自分たちの暮らしもよくなったのに」と質される。私はそのたびに「困惑」するのだが、歴史経過や当時の日本や日本軍のことなども説明し、「負けてよかった。このまま勝っていたら、きっとあなたたちはオーストラリア以上に私たちを憎んだだろうし、お互いに不幸になっていただろう」と話す。
パプア・ニューギニアやソロモン諸島には義務教育制度はない。こうした歴史を学校教育の中できちんと学べるのは数パーセントしかいない。その上にあぐらをかき、歴史を美化したり捻じ曲げようとする動きには敏感でありつづけたい。