にぎわい戻る北海道神宮

昨年の東日本大震災以降、客足が落ちていた札幌市中央区にある北海道神宮。境内には久しぶりに多言語が飛び交っていた。北海道の観光は、ここ十年ほどは外国から、特にアジアからツアー客で支えられているだけに、震災以降の観光自粛、放射能汚染への疑義などで打撃があたえられていた。今日はタイ語までも境内に飛び交いながら、ご覧のような感じで記念撮影におさまっていました。ありがたいことです。