久方ぶりのつぶやき

久方ぶりのつぶやきになる。
実は今、アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー市にいる。同市はアメリカでいち早く障害者の暮らしをよくするために法律を整備し、公共交通に身障者用の乗り降りリフトの取り付けなどの義務を課した場所だ。
また、ベトナム戦争が激化していくさなか、アメリカで初めて組織的な集団行動による反戦運動が行われた場所としても知られる。対岸のサンフランシスコは性的マイノリティーの「聖地」のような存在にもなっている。カストロ地区にはゲイ・レズビアンが仲良く腕を組みながら歩き、時には熱い抱擁もかわされている。ゲイ・レズの解放の象徴とされる大きな虹色の旗が町に掲げられ、ゆっくりとたなびいている。
この西海岸地区はリベラルな街としても知られ、米国のイラク攻撃、イスラエルのパレスチナ侵攻によるジェニンの虐殺の際に大規模な抗議デモが繰り広げられた。
さて、今回。どういった抗議デモに出会えるのか楽しみにしている。
明日はSF市でおかしなマラソン大会が繰り広げらられる。素っ裸で走る人、ムカデ競争のように集団で走る人、日本のメーデーのように政治的風刺のオブジェを担いだり、被ったりしながら走る参加者などなど。私も参加するのだが、国際平和巡礼のTシャツを着て「核の無い未来を目指して」とアピールする予定だ。

それにしても時差ぼけのせいか、昨夜10時近くに寝て、今日は午後の2時半まで寝てしまった。