山はもう秋の気配

札幌市中央区の低山を歩いていると、残暑厳しい今年の北国だけど、山の中は秋の気配が一杯です。標高300メートルあたりでは数日前の雨のせいか、キノコがにょきにょきと生えています。キノコの知識は皆無なので、名前がわかりません。撮影したキノコはどうみても、危ない種類だということは分かりますけどね。

話は変わりますが、一昨日、藻岩山にまたクマが出たそうです。札幌の山はそれだけ豊かなんだと実感しますけど、山中では出会いたくない動物です。ちょうど一昨日、クマがよく出没するコースに変更しようと思ったのdすが、薮に入って300メートル進んだところで、嫌な予感がしました。クマ注意の看板を今日見て、嫌な予感はちょっと当たっていたようです。