爽やかな夏空が続く札幌

今年の天候はおかしい。何度でも言っていることだけど、この時期にも初雪の便りは聞こえて来ないし、まだまだ暑い。

とはいいながも今日の札幌は少し爽やかだ。藻岩山に登り、頂上からiphoneで撮影してみた。この景色、秋というより夏。典型的な札幌の夏の色だ。

こういった異常な夏を越えて迎える冬は、自分の経験と肌感覚でいうのだが、これまた異常になる。

1994年の札幌の夏は観測史上、最高気温を記録し、よく冬は観測史上の最深雪となった。2001年か2002年かをわすれたけど、この年の9月も暑かったため、初雪が遅れに遅れ、11月上旬に降った雪はそのまま根雪になる異常に寒い冬となった。1月の昼間の最高気温は氷点下十度以下が何日も続いた。

ということは、迎える冬はどうなるのか。大雪かはたまた大寒波か。

自然はこうしてうまく帳尻を合わしているのかもしれない、なあ。