クリスマスデモ

札幌市内を歩きながら、北海道・泊原発の廃炉を訴える

23日、札幌市内で北海道・泊原発の廃炉を訴えるデモが行われた。参加者は約100人ほどで時折、小雪がちらつく中、気勢を上げた。クリスマス直前ということもあり、サンタクロースの故郷、ノルウエーからサンタさんに扮した男性も参加し、「スエーデンはお金のためよりも、子供たちの未来を選択している」と発言。デモ行進の後には、手作りのクッキーが子供たちにサンタさんから手渡しされた。